ボリンジャーバンドのいくつかの使い方

+2σや-2σのバンドで価格が動く確率というのは95.5%

ボリンジャーバンドというのは+1σと-1σのバンドの中で68.3%は
動いていく確率があることから、-1σ付近で買いを行い+1σ付近で売る
という使い方ができます。

この売買方法は相場があまり動いていない時に、特に有効となってきます。
しかし、相場は大きく変動する時が時々出てきます。

相場が大きく変動すると、ボリンジャーバンドでは+2σから-2σのバンド
まで価格が入ってくることがあります。
+2σや-2σのバンドで価格が動く確率というのは95.5%となっており、
このバンドの上下に近づくとその後、価格の修正運動が起こる可能性が
高まっています。

そのため、価格が+2σや-2σに接近した時には、逆張りの取引を行うと
いった使い方が可能です。

これと同様に+3σと-3σのバンド帯の確率は99.5%となっているため、
価格が+3σと-3σに接近した場合にも逆張りで望むことができます。

また、ボリンジャーバンドは移動平均線を元にして作られているため、
価格が移動平均線付近で推移している時にはバンドが狭くなってくる
スクイーズが起こってきます。

この時は相場が徐々に煮詰まってきていて、
その後価格が大きく上下することが多くなっています。

そのため、スクイーズが発生した時を狙って、買いまたは売りを仕掛ける
といった使い方が可能となります。
その後、相場が動き出すとバンドの幅は広がっていくことになり、
バンドの上限または下限付近で利益を確定していくと良いです。