ボリンジャーバンドについての説明を行っています

ボリンジャーバンドとは初級投資家向けのツールです。


ボリンジャーバンドとは、次のような性格を持っています。
①仕掛け(エントリーとも言いいます)のポイントを明示しています。
②手仕舞い(エグジットとも言います)のポイントを明示しています。

この2つの性格を持っていますので、ボリンジャーバンドとは初級投資家に
とって有益なツールなのです。

具体的に見てみましょう。

中央バンドが上昇中あるいは横ばい中で、日々線であるローソク足が−2σバンド
にタッチしたら、買い仕掛けです。
同じく中央バンドが上昇中あるいは横ばい中で、日々線であるローソク足が+2σ
バンドにタッチしたら、手仕舞いです。

中央バンドが下降中で、日々線であるローソク足が+2σバンドにタッチしたら、
売り仕掛けです。
同じく中央バンドが下降中で、日々線であるローソク足が−2σバンドにタッチしたら、
手仕舞いです。

さらにボリンジャーバンドは次のような性格も持っています。
③トレンドが強い時は性格の①と②が機能しません。

トレンドが強い時というのは、中央バンドが上昇中で日々線であるローソク足が
+2σバンドを超えて+3σバンドに接近し、さらに+3σバンドを超えていく
ような場合です。
同様に、中央バンドが下降中で日々線であるローソク足が−2σバンドを超えて−3σ
バンドに接近し、さらに−3σバンドを超えていくような場合です。

このような場合は、買いポジションを手仕舞った後でもトレンドについていく(つまり
改めて買いポジションを持つ)チャンスです。売りポジションにおいても同様です。
ボリンジャーバンドとは、トレンドが強い時でも強くない時でも、両方で仕掛けと
手仕舞いのポイントをしましてくれるツールです。

ボリンジャーバンドの使い方をマスターすることはFXで儲ける1歩と言えるかもしれません。
FXと言えば、外貨両替のサービスを行っている業者もあり大黒屋の外貨両替よりも安い手数料
で両替できます。